ブログ移転しました→ http://digitalyze.net/

カテゴリー「PC通販 」の記事

RDT231WMを買ったら初期不良、そしてAmazonの神サポート

MITSUBISHI 23型三菱液晶ディスプレイ(ノングレア) RDT231WM(BK)

もう2年くらいずっと三菱のRDT202WM(1680×1050)を使っておりました。しばらく前からフルHDのモニタが欲しいなと検討していたんですが、ついに先日、同じ三菱のRDT231WMを購入しました。映像をよりリアルに映す超解像技術を採用した23型ワイドモニタです。選んだ一番の理由はコンポーネント出力対応のミニD-SUB15ピン端子です。詳しくは後日レビューしようと思います。

しかし、届いてからいざ繋いでみると何かおかしい。初期不良だったようです。運がいいことに今までPC関連で初期不良やサポートが必要になったことがなかったので、初期不良なんて都市伝説くらいにしか思ってませんでしたがどうやら違ったみたい。

HP Directplusに夏モデルCore i7搭載のm9690jp/CTが登場

HPからCPUに最新のintel Core i7 プロセッサーを搭載したm9690jp/CTが3月26日より発売されます。
2.66GHzのi7-920か2.93GHzi7-940が選択可能のようです。

さらにビデオカードには今までのNVIDIA GeForce 9600GS・9800GTに加え、ATI Radeon HD4850も選択できるようになりました。HD4850は評判も良くコストパフォーマンスの高いカードなのでゲームも動画もヌルヌルです。

HD4850のレビューは↓
GIGABYTEのReadeon HD4850 1GB ファンレスモデル購入レポート
Radeon HD4850とGeForce 8800GTのベンチマーク比較

8800GTと比べてかなり性能は上なので価格次第では人気のモデルになりそうです。
i7-920・9600GSの組み合わせで89,880円なのでHD4850に変えてもかなり安そう。

(追記)
販売開始されました。HD4850に変えて+5250円。9800GTより安いwでもメモリを6GBにしないといけないのでさらに+5250円。10万ちょっとですね。安い。てか、OSは64ビットなのか・・・

HP Pavilion Desktop PC m9690jp/CT 夏モデル

VAIO type Nが値下げして59,800円~で買える

VAIO type N

VAIOってデザインはいいんですがDellとかに比べちゃうとやっぱり高いイメージがあってなかなか手が出ない感じでした。でも59,800円と聞くと買う予定がなくても気になってしまいます。

必要なものが何もついてなくてこの値段じゃねーの?とかいろいろ付けたら普通に10万超えるんじゃねーの?と思って基本スペックやカスタマイズをチェックしてみました。

HP m9580jp/CT 春モデルをレビュー(ベンチマーク編)

前回に続きm9580jp/CTのレビューです。
今回は数種類のベンチマークテストを行ってm9580jp/CTの性能をチェックしていこうと思います。

まずはCPU-Z、GPU-Zで基本情報の確認。
CPU-Z
GPU-Z


CPUはCore 2 Quad Q9550@2.83GHz、C1ステッピングです。GPUはGeForce 9800GT/1GB、65nmプロセスのため、GPUは8800GTと全く同じものです。違いはメモリが1GBであるくらい。ドライバは標準でインストールされていたバージョンが低かったので安定している178.24を入れました。
みんぽすこのレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

HP m9580jp/CT 春モデルをレビュー(外観編)

レビュー用にHPのハイクラス・ミニタワーPC「HP Pavilion Desktop PC m9580jp/CT」をお借りしたのでレビューしてみたいと思います。

HP Directplusモデルはカスタマイズ可能なので選んだ構成によってスペックや価格は変わりますが、今回お借りしたモデルのスペックは以下の通りでした。

OSWindows Vista Home Premium SP1
プロセッサインテル® Core™2 Quad プロセッサ Q9550
(2.83 GHz、 12MB L2キャッシュ、1,333MHz FSB)
チップセットインテル® G33 Expressチップセット
メモリ4GB(1GB ×4) PC2-6400(800MHz)
ハードドライブ 1TB ×2(RAID0) 3Gb/s (7,200rpm)対応
オプティカルドライブDVDスーパーマルチドライブ(LightScribe対応)
サウンドSound Blaster X-Fi Xtreme Audio PCI Express ×1
グラフィックスNVIDIA® GeForce® 9800GT/1GB
キーボードUSBワイヤレススタンダードキーボード(日本語版109A)
マウスUSBワイヤレス光学スクロールマウス

HP Directplusで大体13万円くらいの構成です。かなりのハイスペック。
CPUはCore 2 Quad Q9550と買い替えようか検討していたので絶好のタイミングでした。グラフィックカードもカスタマイズで選べる最高スペックの9800GTなのでベンチマークとかいろいろ試せそうです。ハードディスクは1TBでRaid0が組まれており、パフォーマンスは気になるところです。
てかこんなハイスペックマシンを貸し出すなんて太っ腹過ぎます。

まずは本体の外観やI/Oをチェックしてみたいと思います。

みんぽすこのレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

HPの個人向けPC春モデル登場(レンタル予定)



1月22日、日本ヒューレット・パッカードから個人向けPCの春モデルのラインナップが発表されました。

ついに発売!各ショップのIntel Core i7搭載BTOパソコンをチェック



インテルのCPU Core 2 シリーズの後継にあたる Core i7 シリーズがついに発売されました。

今回発売されたのは次の3種類。
・Core i7-965 プロセッサー エクストリーム・エディション (3.2 GHz)
・Core i7-940 プロセッサー (2.93 GHz)
・Core i7-920 プロセッサー (2.66 GHz)

深夜販売では最上位モデルが人気だったみたいですが、一般的には3万円台で買える920でしょうか。

Core i7シリーズからはソケットの形状が従来のLGA775からLGA1366になり、買い換えるにはマザーボード(X58)もメモリ(DDR3)も換えなければなりません。そのため各BTOショップからCore i7搭載パソコンが一斉に発売されています。

そこで主なショップのPCを比較してみました。

ドスパラからP182採用の134万円PCが発売

Prime Galleria XS -Skulltrail-
買う人いるんでしょうか…

とんでもないPCが発売されました。インテルのハイエンドプラットホーム「Skulltrail」を採用することでクアッドコアCPUを2基搭載し、計8コアのCPU。搭載するCPUはインテル最速の「Core 2 Extreme QX9775」を3.6GHzにオーバークロック。ビデオカードはNvidia最速の「GeForce9800GX2」を3基搭載。それをP182に詰め込んであります。PCIスロットは全てビデオカードで埋まってます(笑)
他にもブルーレイドライブなどあらゆる面で最高スペックなスーパーPCです。

お値段なんと1,339,800円!スペックを落としたαタイプは399,800円。

Prime Galleria XS -Skulltrail-

アイ・オー・データとピクセラの地デジ対応キャプチャカードも予約開始

バッファローに続いてアイ・オー・データとピクセラからも地デジ対応テレビキャプチャーボードの予約が開始されました。どちらも発売は5月中旬から。ピクセラからは地デジに加えてBSと110度CSの3波に対応したものも発売されるようです。

自作パソコンで地デジ放送を視聴する場合、CPUやメモリ、HDDなどが相応のスペックである必要があります。また、地デジ放送はコピープロテクトがかかっている関係で、ハイビジョン画質で楽しむためには、ビデオカードとモニターがHDCPに対応している必要があります。録画やコピーについても、コピープロテクトやボードの仕様による制限を受けます。

サイコムからゲーマー向けPCの新モデル「G-Master Revo」登場

納期厳守・全パーツ検証済みの高信頼BTOショップ、サイコムからゲーマー向けデスクトップパソコン「G-Master」の新製品「G-Master Revo」が発売されました。