ブログ移転しました→ http://digitalyze.net/

2008年02月 の記事

ちょっと微妙なGeForce 9600GT発売

GeForce 9シリーズの第1弾としてミドルレンジ向けGPUの「GeForce 9600 GT」がリリースされました。


ベンチマークのスコアを見る限り8800GTには一歩も二歩も及ばない感じ。その分消費電力や発熱は多少抑えられていますが、正直微妙。発売時の価格は\22,000~29,000なので8800GTマイナス1万円ってところでしょうか。それなら1万円プラスして8800GTを選んだほうがいい気もする。

それでも8600GTや8600GTSには圧倒しているので2万円弱まで下がったらそこそこ人気が出そうな気がします。

P182の静音化(吸音シート・ファンレス)

最近あまりPCでゲームをしておらずXbox360ばかりやっているのでP182の静音化に挑戦しました。試したのはCPUクーラーと天井ファンと前面扉の3ヶ所。

CPUクーラー(忍者プラス)はもともと12cmのファンがついているだけなのではずして終了。

天井はファンのケーブルを抜いて停止し、排気口に吸音シートを貼りました。1cmほど厚みがあり、普通に貼るとカバーからはみ出てしまうので、角を少しカットしています。

前面扉の裏側にも吸音シートを貼りました。

パソコン工房からGeForce8800GT・GTSを搭載した“静音”ゲームPC

iconicon パソコン工房から静音GAME PCという新提案。
音が静かなゲーム用パソコンということで、写真を見る限りケースはAntec SOLOを採用しているようです。8800GT・8800GTSの512MBを搭載いますがクーラー等モデルが気になる。カスタマイズで45nmのCore2DuoやQuadも選べます。電源がちょっと不安なのでSeasonicを選んだほうがいいかもしれません。発売になったのは以下の3モデル。

■Amphis GS721iC2D
Core2Duo E8400/P35 Express/250GB/2GB/DVD MULTI/GeForce 8800GT 512MB

■Amphis GS720iC2Q TYPE-SR
Core2Quad Q6600/P35 Express/320GB/2GB/DVD MULTI GeForce/8800GT 512MB

■Amphis GS721iC2D TYPE-SR
Core2Duo E8400/P35 Express/320GB/2GB/DVD MULTI/GeForce 8800GTS 512MB

静音ゲームPCという新提案・GeForce 8800搭載モデル! icon

安いのでメモリ1GBx2を増設

すでに2GB積んでいるんですが、今なら安いしこれ以上大きく値下がりすることはないだろうと思って1GB2枚を追加しました。4GBは認識できないのでちょっともったいないですが、一応3.25GBまで認識しています。

UMAX Pulsar DCSSDDR2-2GB-800 (1GB・2枚パック)

P182の中段ファンで8800GT(Accelero S1)がどれくらい冷えるのか

P182に中段ファンをつけて8800GTがどれくらい冷えるのか、KAZE MASTERでファンの回転数を変えてベンチマークを行い、その温度を計測しました。

パケホーダイで使える携帯用フルブラウザ(iアプリ)の比較

FOMA905iシリーズからFOMAハイスピード(HSDPA)に全機種対応となり、フルブラウザも快適に使えるようになりました。フルブラウザ機能は標準で搭載されていますが、パケホーダイは適用にならず、パケホーダイ・フルに契約する必要があります。
しかしiアプリで動作するフルブラウザであればパケホーダイで自由に見ることができます。代表的なフルブラウザアプリを使ってみて、使いやすさとかを比較してみました。

P182の内部を動画でアップ

あまり意味がないですがP182の内部を動画で撮影してみました。
ファンは計5個それぞれ800rpmくらいで回ってます。

P182のもっこりチェック

P180・P182でよく話題になるサイドパネルのもっこり。寒い時期になりやすいということなのでうちのP182ももっこりしているのか、チェックしました。

P182
P182


異常なし。

たぶん裏配線をするとケーブルが邪魔して左側のパネルがきつくなることでもっこりしてしまうんだと思います。閉めるときけっこうキツイので気になってたんですがうちのは今のところ問題なしでした。

日本限定オールブラック仕様「Antec Nine Hundred AB」発売

強力な冷却性能と拡張性能でゲーマー向けに人気のAntec Nine Hundredが日本限定のオールブラック塗装が施され、Nine Hundred ABとして発売になりました。

Nine Hundredは内部が見えるようにサイドパネルが大きく開いて透明になっています。そのためサイドパネルから見えるデザイン性を向上するため内部までブラックになりました。見た感じちょっと高級感があります。また、背面のマザーボードトレイには余分なケーブル類を通すための穴が空けられ、ケーブルをスッキリとまとめてさらにエアフローが向上します。他にもファンのLEDが紫から青に変わっていたり細かいところが変更されています。

Nine Hundredは冷却性能が高い分、騒音とホコリに注意が必要です。前面がメッシュで12cmファンを2基搭載しているのでこまめに掃除した方がいいかもしれません。オールブラックになってホコリが目立つので掃除し甲斐がありそう。

↓写真は左がNine Hundred AB、右がNine Hundred

Nine Hundred AB
Nine Hundred AB
Nine Hundred AB
Nine Hundred AB




Vistaで「3DMark Vantage」が動作するかどうかチェックしてみた

業界標準の3Dベンチマークソフト「3DMark Vantage」がまもなく登場(GIGAZINE)

Futuremarkから3DMark06に続くベンチマークソフトの最新版「3DMark Vantage」がComingSoonとなっています。今のところ3枚のスクリーンショットが公開されています。このソフト、残念ながらVistaしか動かないらしいです。サイトから3DMark Vantageが動作可能かどうかチェックすることができるのでVista環境でチェックしてみました。

3DMark Vantage

推奨環境はクリアしました。Core2 Duo&8800GTでもギリギリ上回った程度なのでスペックの基準は上がってる感じです。3Dmark06のスコアに表すと最低スコアが2,500くらい、推奨スコアが11,000くらい。

サポートするのがVistaだけってのはどうなんでしょう?3Dmark06に代わるベンチマークソフトとして普及するんでしょうか。

3DMark Vantage
3DMark Vantage
3DMark Vantage

8800GTやHD3870にも正式対応した「Accelero S1 Rev.2」発売

以前紹介したVGAクーラーのAccelero S1ですが、8800シリーズやHD3800シリーズに対応したRev.2として発売になりました。
Accelero S1は8800GTの発売とともに装着可能なファンレスのクーラーとして人気です。Rev.2になって主な変更は取り付け金具を変えたぐらいらしいですが、ザワードの製品情報を見ると重さが290gから268gになってます。金具の重さなのか金具以外にもいろいろ手が加えられているのかちょっと気になります。
8800GT用のクーラーとしては価格も4000円前後とかなりコストパフォーマンスの高い製品だと思います。
arctic-cooling ZAV-Accelero S1 Rev.2