USB2.0用地デジチューナー「DT-H30/U2」レビュー | Digitalyze [PC]

USB2.0用地デジチューナー「DT-H30/U2」レビュー

買おうか迷ってましたが我慢できずに買っちゃいました。
各メーカーからいろいろ発売されていますが、以下の理由で「DT-H30/U2」を選びました。
  • PCIスロット2つをサウンドカードとPV4で使用しているので、外付けもしくはPCI-Eしか空きがない。
  • BUFFALOかIO-DATAで迷った末、セカンドマシンでも使えるように外付けタイプを選択。
  • BUFFALOが将来「ダビング10」に対応すると明示していたので。

DT-H30/U2
DT-H30/U2


初期設定や使用感は以下から。
スポンサーリンク
<ドライバ・ソフトウェアのインストール>
DT-H30/U2
DT-H30/U2

チューナー本体は思った以上に小さくてびっくりしました。手の平で覆うとすっぽり隠れるくらいの大きさ。厚さも2cm程度。しかも電源がいらず、USBバスパワーで動くのでノートパソコンでの使用や持ち運びにもかなり便利です。

DT-H30/U2
DT-H30/U2


インストールの手順はCDを入れて表示される画面にしたがっていればあっという間に終わります。ドライバ類をインストールし、DT-H30/U2にアンテナをつないでUSBケーブルをPCへ接続、ドライバがインストールされたら、次に視聴用の「PCastTV for 地デジ」をインストールしてPCを再起動。ほんの2,3分で終わりました。

DT-H30/U2
「PCastTV for 地デジ」を起動するとまずチャンネルの設定を行います。地域や郵便番号を入力すれば勝手に番組を探して登録完了。

<視聴ソフト>
「PCastTV for 地デジ」はかなりシンプルなインターフェースで、特に説明書を見なくても大体わかります。動作は最高画質のDPモードでもかなり軽い。ウインドウの拡大縮小や他のアプリケーションとの同時使用もサクサクでした。
画質はかなりキレイ。20インチのワイド液晶ですが、全画面でも全く劣化は感じられません。アスペクト比はインストール時に16:9か4:3を選びます。ワイドモニタなら当然16:9.

<PCへの負荷>
気になる視聴中のCPU負荷ですが、メインPCのCore 2 Quad Q6700のCPU使用率を見てみると5%~10%程度しか使用されておらず、ほとんど負荷はありませんでした。
サブPCのAthlon 64 X2 4200+の方でも測ってみようとしたら……ビ…デオカードもモニタもHDCPに対応してないことを完全に忘れていました(笑)そろそろアップグレードしないとなぁ。でもちょっとの時間だけ映像は見られたのでその間は10%くらいでした。

思った以上のチューナーの小ささ、思った以上の動作の軽さにかなり満足しました。まだ録画とかは試してないのでこれからやってみます。

5月19日にバッファローから最新ドライバがリリースされています。このアップデートでマウスホイールでの音量変更/チャンネル変更や全画面/ウインドウのダブルクリック切替など便利な機能も追加されています。
DT-H30/U2 アップデータ Ver.1.10β2

セットアップとか撮影してみました。動画はこちら。

amazonで16000円代で買えました。

BUFFALO USB2.0用 地デジチューナ DT-H30/U2
バッファロー (2008-05-14)
売り上げランキング: 673


DT-H30/U2のレビュー記事(coneco)



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
RELATED ENTRY
Copryright(c) Digitalyze [PC]. All Rights Reserved. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。