Core 2 Quad Q6700をオーバークロックして起動しなくなる原因 | Digitalyze [PC]

Core 2 Quad Q6700をオーバークロックして起動しなくなる原因

前回Q6700をオーバークロックして今は3.00GHzで問題なく使用できていますが、最初何度やっても電源を入れて機器を読み込む直前で電源が落ちてしまったので原因を調べてみました。
スポンサーリンク
クロック数をどんなに下げても定格以上で起動せず、電源が落とされて定格に戻される状態でした。最初はメモリかと思い、memtestをやってみましたが問題なし、しかしいろいろ調べてみてどうやら原因はUSB機器だとわかりました。

USB接続の外付けHDDを使用しているので試しにはずしてみると問題なく起動、クロック数を何度かいじっても全く問題なし、安定して使えるようになりました。

しかし起動するたびに毎回はずすのはかなり面倒なので何か方法がないかさらに調べると、BIOSの設定で「Legacy USB storage defect」をDisabledにすればいいとわかり、設定後はHDDをつけたままでも問題なく起動するようになりました。

3.00GHzで常用していますが、EISTはDisabled、C1EはEnabledにしました。これでアイドル時は1.80GHz(300x6)、負荷が掛かると3.00GHz(300x10)で動作します。

Core 2 Quad 商品ラインナップ(人気順)
RELATED ENTRY
Copryright(c) Digitalyze [PC]. All Rights Reserved. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。