スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIGABYTEのReadeon HD4850 1GB ファンレスモデル購入レポート

約1年ほどGeForce8800GTを使ってきましたが、夏も過ぎたし、安くて性能の良いカードも発売されてきたので思い切って買い換えました。

コストパフォーマンス等を考え、前から気になっていたHD4850。価格も今なら20000円~25000円と安く性能も8800GT以上と言われているのでHD4850に決定。

早速8800GTから交換し、P182に装着してみました。
スポンサーリンク
各メーカーからオリジナルファンモデルも出揃ってきたところなのでいろいろ選択肢はありましたが、9月20日に発売されたGIGABYTEのGV-R485MC-1GHを選びました。メモリ1GBのファンレスクーラーモデルです。レビューを見るとけっこう発熱があるようで不安もありましたが8800GT同様ファンレスにチャレンジ。

それよりも気になっていたのがカードの長さです。P182の中段にファンをつけているので8800GTでもかなりギリギリ。仕様ではHD4850の方が若干長いようなので心配でしたが装着したレビューもあったのでなんとかなりそうでした。

<旧ドライバの削除>
GeForceからRadeonへの交換なので不具合を防ぐためにまずはドライバをアンインストール。
まずはnTune等のアプリケーションを削除し、セーフモードで起動してドライバを削除します。
完全に消すためにもDriver Sweeperを使いました。


<カードの装着>
GV-R485MC-1GH [Radeon HD4850 1GB ファンレス]
GV-R485MC-1GH [Radeon HD4850 1GB ファンレス]
GV-R485MC-1GH [Radeon HD4850 1GB ファンレス]

同梱されているのはDVI→D-Sub変換、DVI→HDMI変換、Sビデオ→コンポジット変換コネクタ、補助電源用変換ケーブル、CrossFireブリッジ。
DVI-I出力x2とSビデオの2種類ですが変換コネクタでHDMIにも対応しています。

ファンレスだけあってヒートシンクはかなり分厚く、2スロット消費します。PCIブラケットにはスリットが入っておりここから廃熱できる仕組みのようです。P182の中段ファンによってうまく廃熱できそうな感じもします。


GV-R485MC-1GH [Radeon HD4850 1GB ファンレス]
GV-R485MC-1GH [Radeon HD4850 1GB ファンレス]

8800GTと並べてみるとほんのわずかですが長いのがわかります。

GV-R485MC-1GH [Radeon HD4850 1GB ファンレス]
GV-R485MC-1GH [Radeon HD4850 1GB ファンレス]
GV-R485MC-1GH [Radeon HD4850 1GB ファンレス]

装着完了。
やはりカードが長いので多少手間取りました。カード自体は入るも補助電源をつなげると引っかかります。なんとかケーブルを折り曲げ、ファンガードに当たっていますがなんとか入りました。
PCIスロットを2つ使う点にも注意がいります。


<ドライバのインストール>
ドライバは付属CDではなくATIのサイトから最新版のATI Catalyst 8.9をダウンロードしました。 インストール後、いろいろ試してみましたが特に問題なく動きました。

<温度>
GPU-Z
GPU-Z Sensors

GPU-Zの表示は上記の通り。室温24℃でのアイドル時温度は48℃とファンレスにしては申し分ない温度です。

後ほどベンチマークしてスコアや温度を計測してみようと思います。8800GTとの比較も。

ベンチマークしてみました。(2008.10.19)
Radeon HD4850とGeForce 8800GTのベンチマーク比較



GIGABYTE GV-R485MC-1GH
RADEON HD4850/1GB GDDR3/DUAL DVI/TV-OUT/2スロット占有/ファンレス
GIGABYTE GV-R485MC-1GHの価格比較
PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。