Radeon HD4850とGeForce 8800GTのベンチマーク比較

HD4850 8800GT


8800GT 512MBからHD4850 1GB(GV-R485MC-1GH)へビデオカードを交換したので両者のベンチマークスコアを比較してみました。
使用したベンチマークソフトは、PCMark06・PCMark Vantage・DMC4ベンチ・MHFベンチの4種類です。
スポンサーリンク
→PC環境はこちら

<PCMark06>
8800GT
PCMark06(8800GT)
HD4850
PCMark06(HD4850)


結果はほとんど変わらず。SM2.0では8800GT、HDR/SM3.0ではHD4850が勝っているためかと思われます。


<PCMark Vantage>
8800GT
PCMark Vantage(8800GT)
HD4850
PCMark Vantage(HD4850)


8800GTがP6227、HD4850がP7371とかなりの差が出ました。しかしCPUは同じなのにCPUスコアが全然違うのはなんでだろう。


<DMC4ベンチマーク>
CAPCOMから発売されている「デビル・メイ・クライ4」のベンチマークソフトです。
解像度は1680x1050、アンチエイリアスはx8で行いました。また、DIrectX9.0c版とDIrectX10版があるので両方のスコアを計測。

8800GT (DirectX9c)
DMC4ベンチマーク(DX9/8800GT)
8800GT (DirectX10)
DMC4ベンチマーク(DX10/8800GT)

HD4850 (DirectX9c)
DMC4ベンチマーク(DX9/HD4850)
HD4850 (DirectX10)
DMC4ベンチマーク(DX10/HD4850)


DMC4ベンチマーク
DMC4ベンチマーク
DMC4ベンチマーク
DMC4ベンチマーク


8800GTはそれぞれA・B、HD4850では両方Sと差がつきました。


<MHFベンチマーク>
同じくCAPCOMの「モンスターハンターフロンティア」のベンチマークソフトです。
解像度は1680x1050で計測しました。

8800GT
MHFベンチマーク(8800GT)
HD4850
MHFベンチマーク(HD4850)


MHFベンチマーク
MHFベンチマーク
MHFベンチマーク
MHFベンチマーク


8800GTは6164、HD4850は7081とこちらも差が出ています。


HD4850に変えて全体的に15~20%くらいアップしました。2万円前後でこのパフォーマンスはかなりのものですね。8800GTはもう1年以上たってるし、当時3万円くらいでかなりコストパフォーマンスは高いと言われてきましたがそれを凌ぐほどです。

しかし、最近CUDAという技術にちょっと魅かれています。CUDAとはNVIDIAが提供するGPU向けのC言語の統合開発環境ですが、これを利用してGPUによる動画のエンコード支援機能を使うことができます。
「TMPGEnc 4.0 XPress」に実装される予定なのでちょっと楽しみにしてます。
デモによると、2時間分の動画のエンコードにCPUのみだと5~7時間かかるところを、GeForce 8800 GTS(512MB)では23分でできるとか。

つい最近Radeonに変えたばかりですが、この機能が実装されたら私にはGeForce以外に選択肢はなくなりそうです。

GIGABYTE GV-R485MC-1GH
RADEON HD4850/1GB GDDR3/
DUAL DVI/TV-OUT/2スロット占有/ファンレス
Radeon HD4850の最安値をチェック!
GeForce 8800GT 512MBの最安値をチェック!
PAGE TOP