Vista(32bit)で認識しないメモリをRAMディスクに

Windows Vistaの32bitを使用していると、OSで認識できる容量が3GB強しかなく、4GB以上搭載したPCでは使われない無駄な領域ができてしまいます。

この無駄な領域を有効に活用できるのがRAMディスク。OSに認識されない領域をハードディスクのようなディスクとして使ってしまおうということです。

スポンサーリンク

Gavotte Ramdiskは下記のサイトからダウンロードできます。 http://www.chweng.idv.tw/swintro/ramdisk.php

タスクマネージャ
物理メモリを見ると認識しているメモリは3325MB。4GB載せているので700MB近く使われていないことになります。

RAMディスクを作成するために必要なソフトはフリー・有料といろいろありますが、今回はフリーで使える「Gavotte Ramdisk」を使いました。

VistaでGavotte Ramdiskを使う

こちらのブログでVsitaでのインストール方法がありましたので参考にさせていただきました。

Vistaにインストールする場合、「管理者として実行」することがポイントです。でないと途中でエラーが出るようです。

まずは解凍したファイルからram4g.regを実行(管理者)してレジストリに書き込み。その後ramdisk.exeを実行(管理者)して「Install Ramdisk」を行います。ディスクサイズやドライブレターを選択してメディアタイプに「Fixed Media」を選択してOK。

しばらくするとコンピュータ内に指定したドライブレターでRamDiskが表示されます。ちなみに削除する場合はramdisk.exeを実行して「Remove Ramdisk」。

RamDisk
512MBで設定しましたがなぜか767MBになっていました。余っている領域が全て使われているのかもしれません。

どれくらい速いのか、通常のハードディスクとベンチマークで比較してみました。

まずはハードディスク。使っているのはHDP725050GLA360です。
HDBENCH(ハードディスク)

続いてRAMディスク。なんかもう比べ物にならないくらいのスコアです。
HDBENCH(RAMディスク)

使えるようにはなったのであとは何に使うかが問題。RAMディスクの場合、メモリなので電源を切ると中身は消えてしまいます。とりあえずブラウザのキャッシュあたりが無難でしょうか。もっと容量があればOSのキャッシュにも使えそう。PhotoshopやIllustratorの仮想記憶ディスクとかいいかも。

しかし、電源を落としても消えないRAMディスク作成ソフトがあります。I・O-DATAが出している「RamPhantom 3」というソフト。有料ですがI・O-DATAのメモリを使っていればシリアルナンバーを入力してLE版がダウンロードできます。LE版は2GBまでの制限があります。
http://www.iodata.jp/promo/memory/software/ramphantom/index.htm

RamPhantom 3にはデータ退避機能がついており、ログオフ時やPCのアイドル状態のときにデータをハードディスクに保存してくれます。

余ったパーツを漁ってみましたがI・O-DATAのメモリは持ってないし、このためにメモリを買うのもいやだし、製品版を買っちゃおうかな。RamPhantom 3製品版はベクターからダウンロード購入できます。

RamPhantom 3

2008.10.24 RamPhantom3 LEを使ってみました。
VistaにRamPhantom3 LEを導入してみた(RAMディスク作成)

PAGE TOP