FMV LX50Jのハードディスクを交換してみた

FMVLX50J


知り合いがパソコンが壊れたから新しいのを買うというのでいろいろ相談していたところ、前のパソコンはどうしたのか聞いたらもう起動しないので処分するとのこと。

気になったので見せてもらったらどうやらハードディスクの故障でした。起動しようとするとハードディスクからカチカチと異音が鳴ってBIOS画面で止まっている状態。

その知り合いにハードディスク交換すれば直ると持ちかけたところ、もうだいぶ前の機種だしこれを機会に新しいのを買いたいと言うのでタダでもらってきました。

もらってきたのは2004年10月ころ発売された富士通のFMV-DESKPOWER LXシリーズ「LX50J」。テレビチューナー搭載のモニタ一体型デスクトップPC。もう4年も前の機種なのでスペックは低いですが、チューナー搭載だしテレビ代わりとしても使えそう。音もけっこう静かだし。

とりあえず今使ってる外付けのHDDをはずして交換してみました。
※ハードディスクの交換はメーカーの保証対象外になる場合があるのでご注意ください。
スポンサーリンク
LX50J ハードディスク交換

交換するには本体裏側のカバーをはずす必要があります。背面2箇所のネジをはずして手前に引けば簡単に開きます。


LX50J ハードディスク交換

カバーをはずした状態。メーカーのPCは中が複雑でパーツの交換が大変だったりしますが富士通のはけっこうシンプルでわかりやすい感じがします。

左上にあるのがハードディスクです。
側面にあるネジをはずしてフラットケーブルと電源ケーブルをはずせば本体から分離できます。


LX50J ハードディスク交換

ハードディスクはブラケットに固定されているので側面のネジをはずします。

LX50J ハードディスク交換

ハードディスクをはずしました。
使われていたハードディスクはMaxtorのMaxLine Plus II 250GB ATA/133。
あれ?メーカーの仕様には200GBと書かれていたのに入っていたのは250GB?何で50GBも制限してあるんでしょう。

代わりのハードディスクに使ったのは日立(HGST)のHDS721616PLAT80(160GB)。HDDの接続はSATAに移行しているので古いPATA(IDE)のHDDは少なくなってきてます。

取り付け前にジャンパーの確認。CABLE SELECTとかCSとか書かれてる設定にしておけばOK。


LX50J ハードディスク交換

残念なことに知り合いはリカバリディスクを無くしてしまっていたので仕方なく手持ちのXPでインストールの確認。無事認識してインストールもできました。

リカバリディスクをどうにか手に入れられないか探してみたところ、富士通のサイトで購入できるようです。
リカバリCD/ディスク有償サービス - AzbyClub : 富士通

また最新のドライバやマニュアルなどは以下からダウンロード可能。
サポート - AzbyClub : 富士通

5,250円かぁ。ディスプレイドライバやサウンドドライバはダウンロードできるけどテレビチューナーのドライバやソフトは手に入らないので買うしかなさそうです。


LX50J メモリ

ついでにメモリの位置も確認しておきました。背面左上のカバーをはずして中のネジをはずせばメモリスロットが現れます。メモリの規格はDDR SDRAM-DIMM、PC3200。
LX50Jは標準のメモリが256MBとかなり少ないので安いし、最大の512MBx2に交換しようかな。


<LX50Jおすすめハードディスク>
HGST HCP725050GLAT80 (500GB PATA133 7200)
icon
HGST HDP725032GLAT80 (320G U133 7200)
icon

<LX50Jおすすめメモリ>
DIMM DDR SDRAM PC3200 512MB CL3/JEDEC
icon
DIMM DDR SDRAM PC3200 512MB/HYNIXオリジナル
icon


富士通
PAGE TOP