日本郵便のフリーソフト「年賀状デザインキット」で年賀状を作ってみた

年賀状デザインキット

毎年、親が送る年賀状を作って印刷してあげています。
いつもはよくコンビニに売ってる素材CDのついた雑誌を買って素材だけぬいてIllustratorで作っていましたが、日本郵便のホームページに「年賀状デザインキット」という素材付のフリーソフトがあったのでインストールして作ってみました。
スポンサーリンク
クライアント(親)の要望は以下のとおり。
・仕事とプライベート両方使うためあまりPOPでない堅めのもの。
・干支は入れて欲しい。
・宛名面は手書きなので裏面のみ。
・差出人は裏面に入れる。

仕事とプライベート両方なのであまり派手でなく、干支の入ったテンプレートを探しました。

まずはソフトの機能をチェック。

年賀状デザインキット

最初に縦書きか横書きがを決定します。


年賀状デザインキット

「選択」の項目では変形や透明度、整列といった基本的な機能は備えている感じ。重ね順やグループ化といった便利な機能もあります。


年賀状デザインキット

「フリーハンド」の項目では線の太さと色を指定し、マウスで自由に描けます。できれば直線が描けるようにしてほしかった。


年賀状デザインキット

「テキスト」では文字を入力できます。フォントはベーシックなもの以外にPC内のフォントを利用できます。行間がやや狭いけど調整ができない。


年賀状デザインキット

「サムネイル」では図形と色を指定してスタンプができます。四角・白を選んでテンプレートに入っていた文字を消すために使いました。


年賀状デザインキット

「背景色」は文字通りハガキの背景の色。用意された色だけで細かな指定ができないのが残念。


年賀状デザインキット

一番重要な「素材検索」。ハガキサイズで作られたテンプレートの他、干支や縁起物のパーツもあります。また、誰に向けて送るかなど条件を指定して素材を検索することもできます。


年賀状デザインキット

「画像読込」でパソコン内の写真などを取り込めます。素材のフレームと組み合わせて使ったり。


年賀状デザインキット

宛名面では一件ずつ入力できるほか、CSV形式の読み込み・書き出しにも対応しています。


年賀状デザインキット

作った年賀状はこんな感じです。テンプレートを使い、予め入っていた挨拶文をスタンプで消し、新たに文字を入力しました。まぁ無難な感じで。


市販のソフトほどの高機能はありませんが、普通に作るなら簡単で充分な機能を備えています。あとは素材に自分好みのものがあるかどうかですね。民営化になってこういうサービスが始まるのはうれしい。


ゆうびんホームページ - 日本郵便
※その他おすすめサービスの「年賀状デザインキット」からダウンロードできます。
PAGE TOP