Windows 7 ベータ版をインストールしてみました。 | Digitalyze [PC]

Windows 7 ベータ版をインストールしてみました。

Windows 7 ベータ版が公開されたので早速ダウンロードしました。
Windows 7: ホームページ
ダウンロードするにはWindows Liveアカウントが必要です。

メインPCにインストールするのはちょっと怖いので最近全く使ってないサブPCにインストールしました。ほとんど使ってないので、XPをフォーマットして消し、クリーンインストール。どんな感じになってるのか試してみました。
スポンサーリンク
インストールしたサブPCのスペックはこちら
※2009年2月に構成を変更しています。

もう相当古いパーツばかりです。こんな構成でも動くのかも気になるところ。しかもメモリを友達に売ってしまったので今は512MBしかありません…推奨環境以下ですw

Windows 7

クリーンインストールの場合、かなり簡単です。Vistaのインストールに似た感じでした。
パーツが古いためか、ドライバ類は全てWindows標準のもので認識してくれました。


Windows 7

意外と早くインストールは終わりました。インストール直後のデスクトップです。かなりシンプル。てかなんでデフォルトの壁紙が金魚なんだろうか。

パッと見て今までと明らかに違うのは画面下部のタスクバーでした。幅が太くなり、アプリケーションやフォルダのアイコンが並んでいます。少しいじってみるとMac OS Xのドックのような機能になっているとわかりました。
アプリケーションのアイコンをドラッグ&ドロップして追加できます。また、起動しているアプリケーションのアイコンがタスクバーに表示されます。

エクスプローラでのフォルダ操作等、タスクバー以外はかなりVistaに似ています。

しかし、何か違和感を感じていました。何かが違う。

Windows7からは英語でer・or・ar等が末尾につく単語には「ー」を入れるようになっています。
「コンピューター」・「プリンター」・「ドライバー」のように全て「ー」が入っています。
昨年マイクロソフトが外来語カタカナ用語末尾の長音表記について内閣告示第二号をベースにしたルールへ変更することを告示しています。
マイクロソフト製品ならびにサービスにおける外来語カタカナ用語末尾の長音表記の変更について

今と比べてPCの記憶容量が極めて少ない時代には「ー」の一文字でも減らしたいためにPCの分野ではついていない方が一般的になっていったんですね。もうその必要もなくなったので世間一般的な表現に変えるということのようです。


Windows 7

このPCでインデックス・エクスペリエンスを計測してみました。意外といける?と思ったら最大が7.9になってるんですね…やっぱりメモリ512MBではきつい。

しかし、こんな低スペックでも操作はそれほど重いとは感じませんでした。メモリさえあれば普通に使えると思います。

(追記)
サブマシンをグレードアップしたのでかなり快適に動作するようになりました。

またVistaで使えていたソフトは大抵使えました。Windows 7にもサイドバーはあるので、Vistaで使っていたガジェットを移してみましたがまったく使えなかったり、表示がおかしくなるガジェットがいくつかあったので残念。Vistaから移行するユーザーのためにもここはしっかり対応してほしいと思います。

いろいろいじっていると突然ブルースクリーンに。ドライバが合っていないのか、いまいち原因はわかりませんがベータ版なので仕方ないところです。

いろいろ見てみて、Vistaで使いにくかったり、重くなっていたところを全体的にアップグレードしたような印象でした。インターフェイスはほとんどVistaと変わらないのでVistaから移行するユーザーは戸惑うことなく使えると思います。
RELATED ENTRY
Copryright(c) Digitalyze [PC]. All Rights Reserved. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。