スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP m9580jp/CT 春モデルをレビュー(外観編)

レビュー用にHPのハイクラス・ミニタワーPC「HP Pavilion Desktop PC m9580jp/CT」をお借りしたのでレビューしてみたいと思います。

HP Directplusモデルはカスタマイズ可能なので選んだ構成によってスペックや価格は変わりますが、今回お借りしたモデルのスペックは以下の通りでした。

OSWindows Vista Home Premium SP1
プロセッサインテル® Core™2 Quad プロセッサ Q9550
(2.83 GHz、 12MB L2キャッシュ、1,333MHz FSB)
チップセットインテル® G33 Expressチップセット
メモリ4GB(1GB ×4) PC2-6400(800MHz)
ハードドライブ 1TB ×2(RAID0) 3Gb/s (7,200rpm)対応
オプティカルドライブDVDスーパーマルチドライブ(LightScribe対応)
サウンドSound Blaster X-Fi Xtreme Audio PCI Express ×1
グラフィックスNVIDIA® GeForce® 9800GT/1GB
キーボードUSBワイヤレススタンダードキーボード(日本語版109A)
マウスUSBワイヤレス光学スクロールマウス

HP Directplusで大体13万円くらいの構成です。かなりのハイスペック。
CPUはCore 2 Quad Q9550と買い替えようか検討していたので絶好のタイミングでした。グラフィックカードもカスタマイズで選べる最高スペックの9800GTなのでベンチマークとかいろいろ試せそうです。ハードディスクは1TBでRaid0が組まれており、パフォーマンスは気になるところです。
てかこんなハイスペックマシンを貸し出すなんて太っ腹過ぎます。

まずは本体の外観やI/Oをチェックしてみたいと思います。

みんぽすこのレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)

スポンサーリンク
m9580jp

まずは全体。ミニタワーなのでP182を使っている自分にはかなりコンパクトに見えます。光沢処理されたピアノブラックの前面パネルは高級感あってなかなかカッコイイ。傷がつきにくく、塗装がはげない「HP Imprint」という技術が使われているらしく耐久性もありそうです。


HP m9580jp/CT (1)
HP m9580jp/CT (2)


電源ボタンは前面ではなく天板についていて、間違って押してしまいそうな気がしましたが遊びが多く、深く押さなければ反応しないので心配なさそうです。
このケースの特徴の一つが天板のユニバーサルトレイ。外付けドライブなどの周辺機器を置けるスペースとなっていて奥のフックでケーブルをまとめておけます。そこの部分は着脱可能なゴムが敷いてあるので置いた機器をしっかり固定できます。
デスクトップの天板部分はうちのPCでも何かしら置いてあることが多いのでこれは便利。


HP m9580jp/CT (3)
HP m9580jp/CT (4)

前面中央にはHPイルミネーション・ロゴが配置され、起動中はこのロゴが淡く光ります。
開閉式のパネルには左側にEEE1394、USB2.0ポート、ヘッドフォン出力、マイク入力、右側にはHPパーソナル・メディア・ドライブのスロットが配置されています。オプションのHPパーソナル・メディア・ドライブを差し込むことで大容量のバックアップデバイスとして利用できます。
Raid0構成の場合、データを2つのHDDに分散して書き込むため、片方が壊れれば全てのデータを失ってしまうリスクがあります。そのため手軽にバックアップできる機能はかなり重要。


HP m9580jp/CT (5)
HP m9580jp/CT (6)

次に背面を見てみると、上部に電源が配置されています。容量は460Wと普通に使う分には十分。
中段にはPCIスロットがあり、ビデオカードとサウンドカードが設置されています。ビデオカードのすぐ上にサウンドカードがあり、熱とか大丈夫かなとちょっと不安に思いました。9800GTはDVI端子を2つ備えていますが、付属の変換コネクタでHDMIにも対応します。


HP m9580jp/CT (7)

下段は排気ファンとオンボードの端子が並びます。ビデオカードとサウンドカードがあるのでオンボードのサウンドとビデオのコネクタには蓋がしてあります。


m9580jp
m9580jp

キーボードとマウスはオプションのワイヤレスのものでした。キーボードには両端にアプリケーションのショートカットキー等が配置されています。キータッチは柔らかすぎない感じでなかなか打ちやすい。
またリモコンが付属しており、メディアセンター起動時の操作を行えるようです。


内部も撮影しましたがメーカーからの承諾後アップする予定です。

次回は様々なベンチマークを行いm9580jpの性能をチェックしてみたいと思います。

HP DirectplusにはファイナルファンタジーXIやモンスタハンターフロンティア推奨モデルやダブル地デジモデルなど特別モデルが用意されています。

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

HP m9580jp/CT 春モデルをレビュー(ベンチマーク編)

その他のレビューはこちらから
PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。