CPUクーラーをMegahalemsに交換しました。 | Digitalyze [PC]

CPUクーラーをMegahalemsに交換しました。

Megahalems 01

CPUクーラー「PROLIMA TECH Megahalems」のレビューです。
Core 2 Quad Q9550を3.82GHzにオーバークロックして常用していますが、電圧も少し上げてあるので温度が気になっていました。今まで使っていたThor's Hammerでもそれなりに冷えてはいたんですが、coneco.netのレビューとかを見るとかなり冷えると評判だったのでついIYH。
空冷最強と言われているUltra-120 eXtremeやTRue Black 120に勝るとか勝っていないとか。

5月ですがここ最近30℃を越えるような暑い日もあったので夏場を想定して温度も計測しました。
スポンサーリンク
megahalems 02
megahalems 03

どこかで見たようなフォルム。Ultra-120 eXtremeになんとなく似ています。
異なるのはフィンが左右で独立した構造になっていることと、天井部分に独特のデザインが施してあります。
付属のクリップで12cmファンを取り付けられるように両側に切り欠きがあります。

megahalems 05
megahalems 06

何やらロボットの顔のようにも見えます。某所でコンボイと言われているのも納得。ベース部分から6mm径のヒートパイプが6本伸びています。Ultra-120 eXtremeと一緒ですね。

付属品は775・1366用バックプレート、固定用プレート、ネジ、グリス、ファン固定用ワイヤークリップ。てか両側にファンを付けられるようになってるのに何でクリップが2個しかないんでしょうか。別売りしてるわけでもないし、ありえない。


megahalems 07
megahalems 08

取り付けです。
まずはマザーボードの裏側にバックプレートを取り付けます。プレートにはシールがついてるのでネジ穴を合わせて貼り付けます。

そして貼り付けたバックプレートをネジで固定します。


megahalems 09
megahalems 10


そこへプレートを置いてネジ止め。コンデンサがプレートの真下にくるので干渉しないかアセりましたがコンデンサの方が背が低いのでギリギリセーフ。わずかに隙間が空いています。

グリスは付属のものを使ってみました。色も粘土もいつも使っているAS-05に似ています。空気が入らないように中央に盛り、クーラーを押し付けて伸ばします。


megahalems 11
megahalems 12

最後にもう一つのプレートで十字に挟むようにしてクーラーを固定します。かなりしっかりと固定されてちっともグラつくことはありません。

ファンはENERMAX EVEREST UCCL12を取り付けました。500~1200RPMのPWMです。


megahalems 13
megahalems 14

幅は割りと狭目なのでサンドイッチしてもきつくはなさそうです。しかしクリップがない・・・
Ultra-120 eXtremeのクリップが代用できると聞きましたが持っていないので、「忍者弐」のクリップを代用してみました。ワイヤーが結構歪みますがなんとか取り付け可能。


megahalems 15

取り付け完了。


次は温度計測です。
室温は31℃と真夏並みの暑さ。この暑い中、Tripcode Explorerを20分以上回しての温度です。

Megahalems 温度計測

アイドル時:39℃ 38℃ 36℃ 37℃
負荷時:68℃ 66℃ 60℃ 66℃


この室温でもしっかりと冷えています。
Thor's Hammerで室温24℃のときと同じくらいの温度なのでかなりの差があると思います。
ファンをサンドイッチにすればもう少し冷えると思うので夏場もこれで乗り切れそうです。

CPUよりもアイドル時で50℃越えているビデオカードの方が気になりますね。

(追記)
現在はLGA1156にも対応したMegahalems Rev.Bが販売中です。
Megahalems Rev.B - 価格比較
RELATED ENTRY
Copryright(c) Digitalyze [PC]. All Rights Reserved. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。