スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モニター当選した「Lenovo IdeaPad S10e」が届きました

IdeaPad S10e (1)

アジャイルメディア・ネットワークにてモニターに当選したLenovoのネットブック、IdeaPad S10eが到着しました。
6月4日までお借りしてレビューする予定です。
届いたのはホワイトでした。型番を見ると4068AGJとなっていたので発売初期のモデルのようです。とはいえカラーが追加されたくらいで現行とスペックに大きな違いはありません。

詳しい性能とかは今後書くのでまずは外観からチェック。
スポンサーリンク
IdeaPad S10e (2)
IdeaPad S10e (3)

外観はすっきりしていてシンプルなデザイン。レビュー用に何度か貸し出ししているらしく、細かいキズがついていました。天板部分のキズはけっこう目立ちます。

S10eは液晶が10.1型ということで私がもっているEee PC 901-16Gよりも幅が広く、その分キーピッチも広くて打ちやすそうです。

しかし気になったのはCtrlキーの大きさ。かなり小さいです。Fnキーと大きさ逆の方がよかった。基本的にコピペはCtrl+C、Ctrl+Vなのでこの小ささはちょっと使いにくいかもしれません。


IdeaPad S10e (5)
IdeaPad S10e (7)

半角・全角キーも小さめ。

ふと昔使っていた白いVAIOを思い出しました。真っ白なボディとキーボードで最初は綺麗だったんですが、時間がたつにつれて汚れていき、掃除してもなかなか落ちなくなりました。
白を選ぶならこまめに掃除しないとすぐ汚れるのでデメリットが大きいです。


IdeaPad S10e (6)
IdeaPad S10e (4)

タッチパッドは十分な広さがあり、使いにくいということはありません。


IdeaPad S10e (8)
IdeaPad S10e (9)

本体左側には手前からUSBポート、SDカードスロット、VGAポート、電源ポート、排気口と並びます。
右側にはExpressCard/34、ヘッドホン出力、マイク入力、USBポート、LANポートが並んでいます。
ネットブックでExpressCardを備えているのは珍しく、拡張性があります。

主要スペックは以下の通り。
OSMicrosof Windows XP Home Edition SP3
CPUAtom N270 1.60GHz
チップセット945GSE Express
メモリ1GB(PC2-5300 DDR2 SDRAM) / 1.5GB
HDDSATA 2.5 160GB / 5400 rpm
ビデオ・チップインテル グラフィックス・メディア・アクセラレータ 950
VRAM最大128MB (メインメモリーと共有)
ディスプレイ10.1型ワイドTFT液晶(1,024×576ドット、1,677万色)
ワイヤレス IEEE802.11b/g
BluetoothBluetooth 2.1 + EDR準拠
オーディオインテル ハイ・デフィニション・オーディオ
内蔵カメラ130万画素
本体寸法250 x 196 x 22-36mm
本体質量約 1.38 kg(最大構成)
バッテリー約5.3時間


液晶が10.1インチなのに解像度が1,024×576と狭いのが気になります。ソフトによっては縦に表示しきれず操作できない・・・なんてこともあるかもしれません。

SSDではなくHDDを搭載していることを除けばほぼEee PC 901-16Gとスペックは一緒ですね。
後ほどこのS10eと比較レビューをしてみようと思います。

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。