バイオハザード5ベンチマークをやってみた | Digitalyze [PC]

バイオハザード5ベンチマークをやってみた

BIOHAZARD 5

9月17日に発売が決まったPC版バイオハザード5。それに合わせて快適にプレイができるかどうか判断するためのベンチマークソフトが公開されました。

早速ダウンロードして試してみました。キャプチャした動画もアップ。
スポンサーリンク
まずはデフォルト状態で計測。
使用しているPCのスペックはこちら
ビデオカードはGeForce GTX260、CPUはCore2Quad Q9550を3.82GHzにオーバークロックしています。
GTX260のドライバは先日リリースされた「GeForce/ION Driver 190.38 Beta」。

BIOHAZARD 5 1280x720

平均127.9fpsと余裕すぎる結果。


次に解像度1920x1080、アンチエイリアスx8、モーションブラーオンにして計測。

BIOHAZARD 5 1920x1080

基準となる60fpsにわずかに届かずB判定。でも動きの激しいシーンや爆発シーン等で一時的に40台に落ちる程度なので問題なくプレイできるレベルだと思います。

DirectX9.0c、DirectX10の両方試しましたがわずかな差しか見られませんでした。
また、CPUを定格の2.83GHzにしてみましたがこちらも大きな差がないのでビデオカードにかなり依存しているようです。


FRAPSでキャプチャしました。



動画の設定は解像度1280x720、アンチエイリアスC16XQ、モーションブラーオンにしています。
キャラクターの動きがなんか変で見ててイライラします。

すでにXbox360とPS3で発売されいますが、PC版では新コスチュームや新モードなどのオリジナル要素が含まれるようです。Xbox360版を積んでるので買うことはありませんが・・・


RELATED ENTRY
Copryright(c) Digitalyze [PC]. All Rights Reserved. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。