スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CASIO EXILIM EX-H10 体験レビュー Part1

CASIO EXILIM EX-H10

2009年7月3日に発売されたCASIO EXILIM HI-ZOOMシリーズ最新モデル「EX-Z10」の体験レビューです。

以前EXILIM ZOOMシリーズのEX-Z400もお借りしてレビューさせていただいたのでその比較なんかを中心にレビューしてみようと思います。

みんぽすこのレビューは「みんぽす」の無償商品貸出しを利用して書かれています。(詳細は末尾で)

スポンサーリンク
CASIO EXILIM EX-H10
CASIO EXILIM EX-H10



CASIO EXILIM EX-H10
CASIO EXILIM EX-H10



まずは外観から。
EX-Z400より1ランク上の機種に当たるEX-Z10の特徴はやはり1210万画素、光学10倍ズーム。高機能なためサイズはEX-Z400より一回り大きく、デザインもEX-Z400が女性向けなのに対し、男性向けな印象です。

手に取った感じではやはり男性にはこれくらいの大きさの方が持ちやすく安定して撮れそうです。デザインもこちらの方が好み。

EX-Z400から引き継いだ機能や進化した機能も多く、物足りなかった部分をしっかり補っている感じ。特にEX-Z400で大々的にCM等で目にしたダイナミックフォトは、前回のレビューでは残念な部分が多かったですが、「キャラクターのサイズを変えられる」「WEBやPC内の画像を背景にできる」と、不満だった部分がしっかり変更されているようです。

ダイナミックフォトでは次回の記事で実際に作ってみようと思います。



特に何も設定せず、AUTOで写真を撮ってみました。10倍ズームがどれくらいのものなのかもチェック。

CASIO EXILIM EX-H10
1倍
CASIO EXILIM EX-H10
10倍




次に三脚立てて、設定をマクロ・フラッシュOFFにして室内撮り。

CASIO EXILIM EX-H10
1倍
CASIO EXILIM EX-H10
5倍
CASIO EXILIM EX-H10
10倍



10倍だと近すぎるためピントが合いませんでした。
手持ちのRICOH R10は7倍なのでその差はかなりのもの。


設定画面や操作を動画に撮ってみました。



起動やレスポンスも早くて使いやすい。

しばらく使っていて驚いたのがバッテリー。電池寿命1000枚というだけあって7月の末あたりから気が向いたときに撮って数百枚ですがまだ一度も充電してませんwまだまだ余裕な感じ。
写真以外にも動画は合計2時間くらいは撮ってます。


このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」が無償で提供しています。本レビュー掲載は無報酬です。
また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら。(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)


PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。