Corsair Obsidian 800Dが到着しました。

Corsair Obsidian Series 800D

PCパーツ長者で当選したCorsair初のPCケース、「Corsair Obsidian Series 800D」が到着しました。
Corsairといえばメモリが有名ですが、最近はCPUクーラーのH50など他のパーツも作り始めたようです。
H50はけっこう評判の製品なのでこのケースにも期待。

軽い気持ちで応募したのですが、後で価格を見てビックリ。4万円近くするんですね・・・
こんな高いケースを使うのは初めてなのでかなりテンション上がります。

早速箱の中を確認しました。
スポンサーリンク
Corsair Obsidian Series 800D

箱が届いたときの印象派とにかくデカイ。
今までデカイと思っていたP183の箱さえ写真の通り。一回り大きいし重い。もし店頭で買って持って帰ろうと考えているなら車でない限り諦めた方がいいと思います。てか車だとしても軽とか小さい車だと乗らない可能性もあります。
運んできた運送業者の人も運び終えて「フーーー」と息を漏らしてましたw
箱の大きさは横73cm・縦72cm・奥行33cmほど。


Corsair Obsidian Series 800D

箱から取り出すには、引っ張り上げるのはかなり困難なので例のごとく逆さまにして箱を持ち上げます。


Corsair Obsidian Series 800D

やっぱりデカイ。

前面はアルミでヘアライン加工がしてあるためビニールのカバーがついてます。もったいなくてはずせない。

次回の記事でどんな構造になっているのか詳しくみていこうと思います。

Obsidian 800D (CC800DW) - 価格比較
CC800DW 《送料無料》 - TSUKUMO

続き→Corsair Obsidian 800D (CC800DW) ファーストレビュー
PAGE TOP