ブログ移転しました→ http://digitalyze.net/

超解像技術搭載フルHD液晶「MITSUBISHI RDT231WM」レビュー

RDT231WM

初期不良のトラブルに見舞われましたが代替品も到着し、今度は問題なく使えています。
RDT231WMシリーズの特徴は超解像技術搭載により映像をより細かに、鮮やかに再現することができるというもの。フルHDモニタを購入しての主な用途は動画とゲームでしたので、どれほどの機能なのか気になっていました。他にもこのモニタを選んだ大きな理由があります。
スポンサーリンク
■購入理由

RDT231WMシリーズにはノングレアのRDT231WMとグレアのRDT231WM-Sがあります。どちらにするか迷ったのですが、設置環境を考慮したときにグレアだと映りこみが気になりそうな気がしたのでノングレアを選びました。今まで使っていたRDT202WMもノングレアだし。

最近の23~24インチTN液晶では2万円を切るものも多いですが、このRDT231WMはちょっと高い27000円台とちょっと高め。超解像技術やHDMI×2系統、低消費電力などメリットは多いですが、私がこのモニタを求めた理由はもう一つ、RDT231WMの機能説明にあった「AVタイミング(アナログ)」の記載。
あまり大きくうたわれてませんが、他メーカーのモニタではほとんどついていない機能です。


■液晶モニタでD端子やコンポーネントが使える!?
D-SUB15ピン端子は、変換ケーブルを使用することでAV機器の信号タイミング(480i*、480p、1080i、720p、1080p)の入力信号を表示することができ、様々なAV機器や据え置き型のゲーム機などを接続することが出来ます。
*但し、480iが入力された場合、コンテンツによってはちらつきが発生する場合があります。
「AVタイミング(アナログ)」の説明にはこのように記載されています。つまりどういうことかというと、D端子やコンポーネントの映像をD-SUB15ピンに変換するケーブルを使えばモニタ側でYUV→RGBの変換をして表示できるんです。当然他のモニタではこの変換をするためには間にコンバータを通さなければなりません。

ゲーム等の映像をキャプチャするためにSB-RX300DによってD端子の映像を分配させています。
ゲーム機からの映像を液晶モニタとPV4へ同時出力させるのが目的でした。


RDT231WM
I-O DATA AVeL LinkPlayer「AV-LS300シリーズ」用 ディスプレイ出力変換ケーブル MA-D2A
日本電気 D端子変換アダプタ 15cm ADP-DT1E

こんな感じの変換ケーブルを使います。
モニタ付属のD-SUBケーブルに接続し、D端子をSB-RX300Dへ、D-SUBをRDT231WMへと接続。


RDT231WM

映った!もちろんD5まで対応しています。



■外観・デザイン

全体のデザインはシンプルで好感が持てます。

RDT231WM

フレームが光沢仕様になっているのが特徴。見た目は高級感があっていいですが、映りこみがきになるようなならないような。パネルがグレアかノングレアかで光沢あり・なしと変えてもよかったかも。


RDT231WM

大きさの違うRDT202WMと並べて使うことになるのであまり高さが違うと使いにくいと思っていたのですが、高さを調節するためのブロックが3つついており、台座は4段階まで変えることができるのでほぼ同じくらいの高さに調節できました。16:9なのでパネル自体の高さはそれほど差がないというのもあります。


RDT231WM

台座は背面の部分が画像のように切り離せるようになっています。切り離すことで台座とパネルが一直線になり、壁ギリギリまで寄せて設置することができました。細かいところだけどけっこう重要。机が広く使えます。



■モニタの色や明るさ・コントラストなど

今まで使っていたモニタが同じ三菱のRDT202WMなのですが2台を並べて見比べてみると明らかにRDT231WMの方が青っぽく見えました。色温度を同じにしてもやはり青い。
また、明るさやコントラストについては、標準だと明るさが100%の状態なので眩しいと感じるほどでしたので70%ほどに落としました。コントラストは50%のままですが、ブラックレベルは50%だと暗い部分が明るすぎてしまりのない映像になってしまうので40%くらいまで落としました。


RDT231WM

印刷用に調整したい場合には付属のEASYCOLOR!2をインストールすれば実際の写真と画面を比べながら調整することができます。



■モニタの視野角

TNパネルだと気になるのが視野角です。
仕様では左右170°、上下160°となっているので大抵の角度からは見ることができますが問題は色。

RDT231WM
正面から

RDT231WM
サイドから

RDT231WM
下から

下からの画像は蛍光灯が映りこんだため酷いことになっています。正面から少し角度が変わると黄色っぽく見えてしまいます。普通に見える角度は上下左右60°くらいでしょうか。



■入力端子・内蔵スピーカー

RDT231WM

HDMIが2系統ついてるのはうれしい。普通にゲームをするならHDMIに複数台接続して切り替えて遊べます。もちろんPCも。
上の画像では右からD-SUB、DVI-D、HDMIとケーブルがつながっていますが、HDMIの左にもう一つのHDMI、その左に音声入力の端子が並んでいます。
スピーカーについては全く使うつもりはありませんが、試しにつないでみました。内蔵のスピーカーにしては意外といいかも。もちろん音楽聴いたり、映像観たりってのには全然物足りないです。



■OSD

各設定画面を撮影しました。

RDT231WM
rdt231wm-06.jpg
rdt231wm-07.jpg


rdt231wm-08.jpg
rdt231wm-09.jpg
rdt231wm-10.jpg


RDT231WM

DV MODEによって静止画と動画それぞれの設定を切り替えることができます。それぞれの設定をカスタマイズすることも可能。静止画モードではスタンダード・IVテキスト・フォト・sRGBの3種類、動画モードではTV・シネマ・ルックアップと計7種類の設定を保存しておけるので用途に合わせて切り替えができます。
←と→のボタンにショートカットを割り当てることができ、DV MODEの切り替えや音量、明るさなどよく使う設定を割り当てておくことができます。
ECO PROFでは省エネ率やCO2削減量など、省エネの効果を確認できるようになっているのですが、00.000kg削減とか言われても全くピンときませんwどれくらいが省エネなのかもよくわからないし判断のしようがない。気にせず使って省エネであれば何も問題ないですが。



■[動画] 超解像技術と視野角チェック



画面に写真を表示して、超解像技術のオン・オフを切り替えています。特に動物の毛並みや岩肌などの細かい部分でその差をはっきりと見ることができます。画像処理ソフトでシャープフィルタを強めにかけた感じです。超解像の強さは大・中・小と設定できるので好みに合わせて設定しておけます。
高画質な映像よりも低画質・低解像度な映像に効果を発揮するかなという印象。元々高画質な映像だとそれほど効果を実感できませんでした。

超解像技術 OFF
超解像技術 ON


超解像技術 OFF
超解像技術 ON


左が超解像OFF、右が超解像ONの状態です。
DVDの映像を比べてみました。わかりやすいように超解像の設定は大にしてあるのでちょっと強すぎな感じではあります。。
アニメの方では線がはっきりしとして色も鮮やかに見えます。実写では輪郭や凹凸がはっきりとして
背景のレンガの質感もしっかり表示されています。


画質については自分なりに調整して最適な色に設定できたし、機能については概ね満足しています。

RDT231WMの価格比較


MITSUBISHI 23型三菱液晶ディスプレイ(ノングレア) RDT231WM(BK)
三菱電機 (2009-05-22)
売り上げランキング: 335
おすすめ度の平均: 4.5
4 素晴らしい!
5 迷ったらコレ!
5 BenQと比較した結果購入しました。(CG系の学生さんにもお勧め)
5 充分な画質で、安心の国内メーカー&3年保障
5 安心のブランド

RELATED ENTRY