Windows7にRamPhantom7 64bit版をインストール

RamPhantom7
VistaのときからRAMディスク用ソフトにRamPhantom3を使っていましたが、Windows7に対応したRamPhantom7が出ていたのでアップグレードしました。
以前は単純に高速化を図っての導入でしたが、システムディスクをSSDにしたことで、書き換え可能回数に上限のあるSSDの寿命を延ばすという目的も増えました。
スポンサーリンク
64bitに移行し、メモリを6GBにしましたが6GB全て消費するような作業はほとんどなく、かなり余裕があるので1GBほど割り当てました。

体感で速くなったとかはほとんど感じられませんが、SSDへの書き込みを減らして寿命を延ばすという点では有効だと思います。

ブラウザのキャッシュって普段は見えない場所にあるのでわかりにくいですが、1ページ見ただけで数十~数百の様々なファイルが保存されるのでSSDにはけっこうな負担になってると思います。

Intel製のSSDなのでプチフリは起きませんが、JMicron製コントローラーを使ったSSDならプチフリ回避にも有効なんじゃないでしょうか。

RamPhantom7

ディスク容量は1024MB。ドライブレターは他のドライブと区別するためZに。


RamPhantom7

Windowsの終了時に他のHDDへ自動でバックアップするように設定してあります。

RamPhantom7

ramphantom7_04.jpg

ブラウザのキャッシュ保存用に設定。
しばらく使ってますがトラブル的なことは一切ありません。


RamPhantom7

RAMディスクのベンチマークスコアです。
SSDのベンチマークはこちらの記事に載せてありますが、桁違い。


ioPLAZAiconでは32bit・64bitそれぞれ体験版がダウンロードできます。体験版では256MBまでしか設定できなかったりバックアップ機能が使えなかったりと制限があります。
製品版は2480円、アップグレードなら525円。
PAGE TOP