スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインPCをCore i7(LGA1366)へ移行するぞー!

インテル Boxed Intel Core i7-930 2.80GHz 8MB BX80601930


もう何ヶ月も前から早く移行したいと考えていたんですが、今のQ9550(LGA775)の環境からはマザーもメモリも変えなければいけない。そこまで変えて劇的に速くなるかといえば微妙のような気がして踏みとどまっておりました。今の環境でストレスを感じることは全くないし。

しかし、しばらく一からPCを組んでないので自作したい欲求に駆られ、ちょうどPCパーツ長者でX58マザーの募集をしてたので、応募して当選したら変えようと決心しました。そんな思いを応募フォームへ書き連ねて応募しました。
スポンサーリンク
そしてFOXCONN FlamingBlade GTIに当選!

当然オーバークロックして常用するつもりなので条件は問題なし。

普通に使う分にはLGA1156でも十分なんですがLGA1366にしたかったのは、CPUクーラーのCWCH50がバージョンアップ前のものでLGA1156に対応していないというのも理由の一つ。

ということでマザーボードに植えるCPUとメモリを購入しなければなりません。
今売られてるLGA1366のCore i7シリーズは・・・

Core i7-980X Extreme Edition
6コアは魅力的だけどCPUに10万なんて超無理。iPad買うわ。

Core i7-960
5万・・・・・コストパフォーマンス悪すぎるので却下。

Core i7-930
これだ!てかこれしかない!


終息したCore-i7 920ってのもありますが、やはりここはオーバークロック等のレビューが少ないi7-930に挑戦するしかありません。2chとかみると4GHzくらいはいけるっぽいし。


続いてメモリ。
オーバークロックするので条件はDDR3-1600、3GBじゃ絶対足りなくなるので2GB×3枚セット。
理想はマザーボードの赤に合わせてCorsairのDOMINATOR GTシリーズがいいですが高すぎる。赤のメモリクーラーだけって売ってないんだろうか。
ケースとCPUクーラーに合わせてCorsairにするか、マザーボードの赤に合わせてG.SkillかUMAXか。Kingstonもいいけど水色ってのが・・・

CorsairのCMP6GX3M3A1600C8かG.SkillのF3-12800CL9T-6GBNQあたりに絞ってます。

最近はパーツ選びの基準が1.見た目が良い 2.コストパフォーマンスが良い 3.使っている人が少ない 4.スペック とかなりおかしな基準で選んでいます。
最近はビデオカードのクーラーに変なCGとか書かれてるとイラッとします。
マザーボードの場合、基盤や各スロットの色など全体の見た目がかなり変わるので重要です。特に最近のGIGABYTEは水色ばっかりで安っぽく見えて仕方ありません。
蓋を閉めたら見えなくなるので完全なる自己満足なんですけどね。カッコイイパーツを組み合わせて、美しく配線された内部を見てニヨニヨするのが楽しいのです。

FOXCONN FlamingBlade GTIって価格が安いのと発売されたのが去年なのでサウスブリッジがICH10だったりUSB3.0やSATA 6.0がついていないんですよね。見た目は超カッコイイんですけど・・・

長く使うならやはりそれなりのマザーボードが欲しいと思いいろいろ調べてみました。

そんな中で気になるメーカーがEVGA
日本ではまだ馴染みがないですが欧米や欧州ではマザーボードやビデオカード等でかなりのシェアを誇る企業です。

日本での販売代理店はシネックス、そしてつい最近リンクスが契約しましたが、どちらもビデオカードしか取り扱っていたいため、国内で売られているものは並行輸入品等でクソ高いです。

EVGAが先日発表したLGA1366マザーの新製品「EVGA X58 FTW3
黒を基調とした高級感のある基盤に惚れました。台湾企業とは一味違います。
もちろん、ICH10R・USB3.0・SATA6.0・3-way SLIとスペックも十分です。ランク的にはミドルレンジでしょうか。

132-GT-E768-KR_LG_5.jpg

既存の製品はUSB3.0やSATA6.0に対応していなかったのでようやく対応モデルが出ました。
価格は$340と言われており、日本では4万円近くなると思います。

ところが米amazon.comの価格を見ると、



3年保証の132-GT-E768-KRが$299、2年保証の132-GT-E768-TRが$278とどちらも$300以下です。
転送サービスを使って送料と手数料が+$40くらいとしても間違いなく日本より安く買えそうです。
ただ初期不良だったりしたときが面倒なんですけどね。


話がそれましたが何が言いたいかというと、
自作はパーツを選ぶ間が歓楽の時。
PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。