スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7のバックアップと復元機能&Acronis True Image Home 2010を試してみた

バックアップと復元

Intel X25-M SSD 80GBを2台でRAID0を組んでいますが、2台でも1台でも普通に使う分にはそれほど体感速度は変わらないので、単体で使うことにしました。故障率が上がるし、何よりTrimがRAIDに対応していないということを知ったのが大きな理由でもあります。

RAID0を解除すれば当然OSは使えなくなるので再インストールしなければなりません。でもめんどくさい。バックアップして簡単に元に戻す方法を考え、Windows7のバックアップ機能を使ってみることにしました。

結果を先に言うと、Windows7のバックアップと復元は失敗でした。
最終的にAcronis True Image Home 2010を使って復元しました。
スポンサーリンク
XPやVistaにもシステムの復元という機能がついていますが、過去この機能を使ってまともに復元できたことは一度もなく、全く信用していないのでWindows7でも復元ポイントの作成は切ってあります。

Windows7にはこれとは別に「バックアップと復元」という機能があり、フォルダやドライブ単位でバックアップできる機能がついています。手順は以下の通り。

1.「システムイメージの作成」でOSをCドライブごとバックアップ
2.「システム修復ディスク」を作成
3.RAID0を解除
4.「システム修復ディスク」で起動
5.システムを復元


バックアップと復元

ピクチャやビデオなどのユーザーフォルダはDドライブのHDDに設定してあるので、システムイメージを作成するとDドライブも同時にバックアップされるようです。
バックアップが終わったらシステム修復ディスクを作成します。


バックアップと復元

RAIDコントローラーの設定画面でRAIDボリュームを消し、単体にします。そしてシステム修復ディスクから起動して復元を行います。


バックアップと復元

「システムイメージを復元できませんでした。」

何故かエラー、閉じてもう一度復元を実行してみると、今度はディスクのボリュームが少なくて復元できませんとでました。なぜ?
RAID0を解除したことで約160GBから約80GBに減りましたが、Cドライブは30GBくらいしか使っていません。
もしかしたら、ユーザーフォルダがDドライブにあるので、C+Dが80GB未満でないとダメなのかと思い、もう一度RAID0に戻して復元し、C+Dで50GBくらいまで使用量を減らして再度挑戦しましたがまたも復元できず。
どうやら元のCドライブより少なくなると復元できない仕様のようです。使えねぇ。

必死に格闘した3,4時間が完全に無駄になりました。
クリーンインストールし直した方が早かったかもw


Acronis True Image Home 2010

こうなったら意地でもクリーンインストールは避けたいので、最近最新版が出たAcronis True Image Home 2010を購入しちゃいました。2007を持っていたのでアップグレード価格です。


しかしここでまたトラブルが。
インストールしてまずはバックアップしようとしたところ、バックアップの途中で何度やってもフリーズしてしまいます。これもダメかとあきらめかけましたが、いろいろ原因を探り、RAMディスクが原因とわかりました。
RamPhantom7が有効の状態だとバックアップができないようです。微妙に使えねぇ。


Acronis True Image Home 2010

なんとかバックアップは完了し、起動ディスクを作成して同じように復元をします。今度は無事復元完了。


RAID0を解除する場合の注意点としては、BIOSでSATAをRAIDモードからACHIモードに変更するのは復元が完了してから。
復元してWindowsを起動したら、レジストリエディタで「HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Msahci」を開き、Startの数値を0に変更して再起動します。
RAIDを解除してすぐにACHIモードにしてしまうと、復元後に起動できなくなってしまいます。


結論:Windows7のバックアップ機能はちょっとはましになったけどやっぱり使えない。



【新発売セール】Acronis True Image Home 2010
PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。