EVGA GTX460 レビュー 「セットアップ」 | Digitalyze [PC]

EVGA GTX460 レビュー 「セットアップ」

EVGA GTX 460

ビデオカードに出せるのは2万円程度まで!
そんな自分ルールを勝手に決めて今までGTX260やHD5750等のビデオカードを選んできましたが、次に選んだのはGeForce GTX460。すでに様々なところでそのパフォーマンスが公開されて、ようやくNVIDIAの時代到来とも言われたりしてます。
768MBと1024MB版がありますが、1024MBは人気で品薄だったので、不満だったら買い替えるつもりで768MB版にしました。

価格帯ではGTX260の後継に当たるので、ベンチマークや温度、消費電力など各パフォーマンスを比較してみました。
スポンサーリンク
EVGA GTX 460

マザーボードのEVGA X58 FTW3を購入して以来、EVGAのファンになってしまったのでビデオカードもEVGA GeForce GTX 460(768-P3-1360)を選びました。販売代理店はシネックスとリンクスがありますが、購入したのはシネックスでした。1年間の代理店保証がつきます。
台湾系のメーカーにはないシンプルなデザインが特徴です。クーラーはリファレンス。


EVGA GTX 460

今までのGeForceのリファレンスカードと比べると、ファンがかなり大きくなった印象です。そしてカード長はかなり短くなりました。


EVGA GTX 460

出力はDVIx2とMiniHDMIx1です。MiniHDMIはHDMIへの変換ケーブルが付属しているので通常のHDMIも使えます。


EVGA GTX 460

カード裏。パッと見でネジの位置からGTX260で使えたVGAクーラーは使えなさそう。


EVGA GTX 460

GTX260とのカード長比較。GTX260はVGAクーラーをMK-13に交換しています。
約21cmとかなり短くなりました。GTX260と比べると5~6cmの差があります。これはすばらしい進化です。コンパクトなケースでも取り付けやすくなりました。


EVGA GTX 460

EVGA GTX 460

スロットへ取り付けました。
補助電源を取り付けてちょうどマザーボードの幅とほぼ同じになります。しっかり計算されてる感じがしますね。
補助電源は6ピンを2本使います。




EVGA GTX 460


ドライバは現在最新の258.96をインストールしました。FF14などへ最適化されています。


EVGAのビデオカードには、専用のソフトウェアが付属しています。

EVGA Precision

一つ目は「EVGA Precision」。コアクロック・メモリクロックの調整やファンの回転数の調整ができます。オーバークロックの設定をプロファイルに保存しておけます。


EVGA OC Scanner

もう一つは「EVGA OC Scanner」。オーバークロック時に安定性等をチェックするツールです。
テストを開始するとモコモコした3Dのロゴが現れて負荷を与えます。GPU使用率が95%以上とかなり負荷が高いです。

次の記事で各ベンチマーク、消費電力を計測し、オーバークロックも試してみようと思います。

EVGA GTX460 レビュー 「ベンチマークと消費電力とオーバークロック」

GTX460の価格をチェック!

RELATED ENTRY
Copryright(c) Digitalyze [PC]. All Rights Reserved. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。