スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GTX460でFF14ベータテストの環境設定

FF14

いよいよオープンベータが開始されて、これからプレイしようという方も多いと思います。
FF14推奨グラフィックカードであるGeForce GTX460でクローズドベータをプレイしてみて、設定によってどれくらい画質が変わるのかや、おすすめの環境設定を紹介します。使用したのは1GB版の玄人志向 GF-GTX460-E1GHDです。
スポンサーリンク
ベンチマークをやってみて意外なハードルの高さに落胆しかけましたが、ベータテストをやってみた限りではそれほどでもないなという印象でした。


config.jpg

画面設定とグラフィック設定から画質を調整します。

デバイス
マルチディスプレイ環境のときにどのディスプレイへ出力するかを選べます。モニタ1台ならDISPLAY1のみ。


画面モード
フルスクリーンかウィンドウが選べます。フルスクリーンでプレイ中、Alt+Tabで切り替えようとするとエラーが出てゲームが落ちてしまいます。画面を切り替えるならウィンドウモードで。


ウィンドウサイズ
1024x768~2560x2048の間で16:9と4:3のサイズが用意されています。


マルチサンプリング
エッジの滑らかさ。No AA、2x MSAA、4x MSAA、8x CSAA、8xQ MSAA、16x CSAA、16xQ CSAAから選べます。

各設定でのスクリーンショットを取ってみました。
No AA
No AA


2x MSAA
2x MSAA
4x MSAA
4x MSAA


8x CSAA
8x CSAA
8xQ MSAA
8xQ MSAA


No AAでは斜めの線がギザギザになっているのがかなり目立ちます。2x MSAAから次第に滑らかになっていますが8x以降は正直微妙。16xではほとんどわからないくらいなので載せるのをやめました。めんどくさいし。
2x MSAAでもかなり効果あり、4x MSAAくらいで十分な感じ。


描画バッファサイズ
マルチサンプリングに似たような感じだと思うのですが、あまり変化を感じません。2倍にすると重くなるのでウィンドウサイズ(等倍)で十分だと思います。


シャドウマップ品質
名前の通り、キャラクターやオブジェクト等の影の品質です。最高品質だとくっきり、最低品質だと影がなくなります。低品質~高品質は少し影がぼけるのですがあまり意味がない気もする。てかちょっと汚く見えるので最高か最低でいいかもしれません。


アンビエントオクルージョン
光の反射によって陰影が・・・説明が難しいのでググってください・・・
オンにしておくとより自然な雰囲気になります。
オンビエントオクルージョン:OFF
OFF
オンビエントオクルージョン:ON
ON


ONとOFFの状態です。はっきりと違うのは天井から突き出た岩の先の部分がOFFでは光が反射していますがONではほとんど反射していません。確かにOFFでの反射の仕方は不自然な感じもしますが、ONにすることでFPSは半減してしまいます。こだわりがない限りFPSを犠牲にしてまでONにするメリットは無い気もします。


テクスチャ品質とテクスチャフィルター品質はまだいじってません。最高品質か高品質でいいと思います。


PC環境
【CPU】Intel Core i7 930 (2.8GHz/Turbo Boost:OFF)
【GPU MEM】GeForce GTX 460 1GB (玄人志向 GF-GTX460-E1GHD)
【VGAドライバ】GeForce Driver 258.96
【OS】Windows7 Professional 64bit
【マザーボード】EVGA X58 FTW3
【メモリ】Corsair CMP6GX3M3A1600C7 2GBx3
【PCケース】Corsair Obsidian 800D (CC800DW)
【電源】Corsair CMPSU-750HXJP
【HDD/SSD】Intel X25-M 80GB SSDSA2MH080G2R5 / Western Digital WD20EARS
【サウンド】PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium Professional Audio
【CPUクーラー】Corsair CWCH50
【モニター】MITSUBISHI RDT231WM


GTX460でのおすすめ設定(フルHD)
■ウィンドウサイズ: 1920x1080
■マルチサンプリング:2 xMSAA or 4xMSAA
■描画バッファサイズ:ウィンドウサイズ
■シャドウマップ品質:標準品質
■アンビエントオクルージョン:オフ
■被写界深度:オン
■テクスチャ品質:高品質
■テクスチャフィルター品質:最高品質

そこそこ人の集まる場所でも30FPS程度は保てる設定です。CPUもGPUも定格クロックでの設定なのでオーバークロックすればもっと余裕があるはず。
プレイ中のGPU負荷は90%~99%、ビデオメモリ使用量は300~400MBほどでした。

FF14ベンチマークでHIGHが2500もあれば余程画質にこだわりがあるのでなければフルHDでも遊べます。CPUにも多少依存しますが。
ベンチマークスコアなんてハイエンドなカードやPCを買わせるための戦略です(キリッ
クローズドベータでの設定なので、今後オープンベータや製品版で環境は変わってくるかもしれません。

Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。