HP MediaSmart Server EX490 レビュー 「外観・スペック」 | Digitalyze [PC]

HP MediaSmart Server EX490 レビュー 「外観・スペック」

HP MediaSmart Server EX490

日本HPから発売されているHP MediaSmart Server EX490をお借りしましたのでレビューさせていただきます。
HP MediaSmart Serverはコンパクトなケースに4台までのHDDを搭載でき、OSにWindows Home Server、そしてHP独自を追加してiPhoneにも対応したメディアストリーミングが可能なホームサーバーです。

12491-1386-180498
スポンサーリンク
HP MediaSmart Server EX490


HP MediaSmart Server レビュー INDEX
外観・スペック(イマココ)
セットアップ・ベンチマークと消費電力
基本機能
PCやゲーム機でメディアファイルをストリーミング
iPhoneからリモートアクセス

やってみたいことは山ほどあるんですが借りられる期間が短いためどこまでできるか未定。出来る限りレビューしたいと思います。

ホームサーバーといっても一般的にはまだまだ馴染みがないですが、外付けHDDやNASにはない様々なメリットがあります。

 外付けHDDNASホームサーバー
接続方法USB・eSATA等LANLAN
機能
転送速度
処理性能
価格△CPは◎
大きさ
省電力
拡張性×
安定性

外付けHDDのメリットは価格と手軽さですが、基本的にHDDという役割でしかないので機能は最低限のものしかありません。NASとホームサーバーは似ているところが多いですが、個人用のNASは価格によって性能がまちまち、当たり外れも多くて使える製品は限られてくると思います。過去に2台ほど低価格なNASを使っていましたが、転送速度が遅く、ファンが轟音だったり、ファンが壊れてしまったりと今ではあまり良い印象がありません。安いNASはハードが貧弱なのでとにかく遅いです。

2ヶ月程前に、Windows Home Serverを使って自作のホームサーバーを組みましたが、なんでもっと早く使わなかったのかと後悔しました。
ホームサーバーは基本的に普通のPCと変わらないスペックで、Windows Home Serverなど専用のOSを使うことでスペックが低くてもサーバーとしては十分な性能を発揮できます。

Windows Home Serverのメリットはアドインをインストールすることで様々な機能を追加できること。EX490にはHP独自のアドインがインストールされています。これがこの製品の最大の特徴でもあります。
◆Media Streamer
EX490内のコンテンツを家庭内のPCやPS3・Xbox360等のゲーム機へ配信でき、リモートアクセスによって外出先からの視聴も可能になります。
◆HP Media Collector
家庭内のパソコンから共有フォルダにある写真やビデオ、音楽をEX490へ自動でコピーしてくれます。
◆HP MediaSmart Server iStream
iTunesのApp Storeから無料でダウンロードできるiPhoneアプリ。これを使ってiPhoneからもリモートアクセスが可能。
◆HP Video Converter
ビデオを視聴する機器に合わせて自動変換してくれるアドイン。
◆HP Photo Publisher
◆Photo Viewer
◆Server for iTunes(iTunesサーバー)
◆Twonky Media(DLNAサーバー)

他のメーカーからもすでに多くのWHSがインストールされたホームサーバー製品が発売されていますが、大きな違いはこのアドイン。それで価格は他とそんなに変わらない、むしろ安い。


<HP MediaSmart Server EX490の仕様>
OS:Microsoft Windows Home Server (PP3)
CPU:Intel Celeron 450 (2.2GHz/512KB L2 キャッシュ/800MHz FSB)
メモり:2GB DDR2 DRAM
HDD:1TB(3.5インチ Serial ATA 7,200rpm対応)x1 (最大x4)
LAN:ギガビットイーサネット
USB:前面x1、背面x3
その他:eSATAx1
サイズ:約140mm(幅) x 250mm(高さ) x 230mm(奥行)/ 約 4.92kg
電源:約43W

HP MediaSmart Server EX490

普通のPCに比べると見劣りするスペックですが、ホームサーバーとしては十分。何よりもケースの小ささに驚きました。普段使っているのがフルタワーやミドルタワーだからというのもありますが、3.5インチHDDを4台載せてこの大きさにまとめたのはすごい。以前自分で組んだホームサーバーでもサーバーとして使いやすいケースがなくて未だにミドルタワーのケースを使っていますが、まさにサーバーとして理想的です。HPの製品情報にある写真のようにデスクの脇にちょこんと置いても邪魔にならないくらいコンパクト。
デザインも良く、ケースは光沢仕上げのブラックで、ちょうど新型Xbox360と同じ雰囲気。

HP MediaSmart Server EX490

フルタワーのケースと比べても高さも奥行きも半分以下。


HP MediaSmart Server EX490

電源を入れると動作状況を表示するLEDとHDDが取り付けられいる番号のLEDがエメラルドグリーンに光ります。常時起動しておくサーバーとしてはあまり光るのは気になってしまいますが、コンソールからLEDの明るさを調節できる機能がありました。抜け目ない。


HP MediaSmart Server EX490

マグネット式の前面扉を開けると、HDDベイが現れます。一番下の段には標準の1TBが取り付けられていました。Seagate製。
赤いボタンを押してロックを外し、簡単に引き出せます。HDDを追加するときは空いているベイを抜いて取り付け。ドライバーはいりません。電源を入れたままHDDを追加できるホットスワップ対応なのでここでは取り付けず後で追加しようと思います。
今のところ市販のHDDは2TBが主流なので全部2TBにすれば最大8TBまで搭載できます。もちろんUSBやeSATAへ外付けHDDをつなぐこともできます。


HP MediaSmart Server EX490

背面には各コネクタの他、なんと電源ボタンが。なぜ背面にと思いがちですが、サーバーですから電源ボタンを使うのはメンテナンス時のみ。うっかり押してしまわないように配慮されています。

ホームサーバーなのでマウスやキーボードはついていません。てかいりません。クライアントとなるPCからリモートで操作できるので、電源とLANケーブルだけつないで電源をいれるだけです。

電源を入れたら、クライアントのPCにソフトウェアインストールディスクを入れてEX490へ接続するためのソフトをインストールします。

続きはセットアップ・ベンチマークと消費電力編で。
HP MediaSmart Server EX490 レビュー 「セットアップ・ベンチマークと消費電力」

思ったとおり、かなり人気があるみたいですね。現在入荷待ちの状態です。
HP MediaSmart Server EX490

12491-1386-180498


RELATED ENTRY
Copryright(c) Digitalyze [PC]. All Rights Reserved. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。