【N-04Bレビュー2】Wi-Fi接続とメディアスリンク(DLNA)

メディアスリンク

N-04Bは、Wi-Fi(無線LAN)に対応しており、最大54Mbpsの高速通信によりパソコン並みの速度で通信できます。
では具体的にWi-Fiを使ってどんなことができるのかというと、
・無線LAN経由でのウェブブラウズ
・アクセスポイントモードによるDSやPSPなどゲーム機のインターネット接続
・メディアスリンク(DLNA)によるホームネットワーク上のパソコンや対応機器への接続

スマートフォンでは珍しくもないですが、ガラケーではまだまだ対応する携帯は少なく、この点もこの機種を選んだ理由でもあります。使えるかどうかは別として試してみたい欲求にかられました。

では実際に設定してみます。
スポンサーリンク

Wi-Fi


まず初めにWi-Fiの接続設定です。
当たり前ですが周囲に無線ルーターなどの機器が必要です。


Wi-Fi

待ち受け画面から決定ボタンを押してWi-Fiスタートアップを選びます。バッファローのAOSS、NECのらくらく無線スタート、WPSなど簡単に設定できる方法が一通りそろってます。


Wi-Fi

ネットワーク検索をしてみると、エリア内の無線LAN機器が表示されます。利用するSSIDを選んでセキュリティキーを入力するだけで手動でも簡単。


Wi-Fi

使う前に通信モードを設定しておきます。カメラボタンを長押しすればすぐにこの画面へアクセスできます。
DUALモードにしておけば状況に応じて自動で切り替わります。
Wi-Fiシングルモードにしてテスト。


Wi-Fi

Wi-Fiでは基本的にiモードサイトへの接続はできません。フルブラウザのみの利用となります。iモードサイトも見たい!って場合はホームUの契約が必要です。
もちろん家の回線を使うのでパケット代はかかりません。


アクセスポイントモード


Wi-Fiを使ったもう一つの使い方にアクセスポイントモードがあります。FOMA回線とWi-Fiをつなぐ中継となり、オンライン対応のゲーム機などを接続することができます。

Wi-Fi

待ち受けのメニューからアクセスポイントモードへ切り替え、ゲーム機を接続します。
とりあえず設定してみただけで、実際に使ってません。パケット代がこわくて・・・・・
データ通信扱いなので、パケーホーダイダブル/シングルの場合、上限で月10.395円かかります。128K通信なら5,985円。
そこまでしてゲームをしたいという状況はなさそうですが、iPadやiPod touchなどをどこでも使いたいって場合には便利かもしれません。



メディアスリンク


メディアスリンクと聞いて初めはなんのことかさっぱりわかりませんでした。調べてみたらなんてことはない、ただのDLNAです。よく家電メーカーがやる勝手に名前をつけるパターン。めんどくせぇ。

機能対応コンテンツ
外部機器内データをN-04Bで再生JPEG
N-04B内データを外部機器で再生JPEG/MP4/3GPP
外部機器内データをN-04BにダウンロードJPEG/MP4/WMV/3GPP
N-04B内データを外部機器にダウンロードJPEG/MP4/3GPP
外部機器内データをN-04BにアップロードJPEG/MP4/WMV/3GPP
N-04B内データを外部機器にアップロードJPEG/MP4/3GPP


対応しているメディアはこんな感じ。対応しているのは静止画と動画のみ。MP3等の音楽データには対応してないようです。

まずはファイルサーバーに保存してある写真データをN-04Bからのぞいてみました。

メディアスリンク

メディアスリンクの外部機器データ参照からDLNA対応機器を検索します。
ファイルサーバーのWHS Vail、メインPCにインストールしたTwonkeyServer、サブPCのWMP12とDiXiM Media Serverが見つかりました。今回は全て表示されましたが、見つからないことも何度かあり不安定な感じ。


メディアスリンク

サーバー内のフォルダを参照します。


メディアスリンク

保存してある写真が表示されましたが、プレビューの表示が非常に遅く、写真が大量にあるとものすごい時間がかかります。
N-04Bから見る場合、写真データは直接見れますが、動画の場合は一度ダウンロードしてからでないと見ることができません。

携帯からパソコンのデータを見る・・・リモート接続ならありえますがあまり必要ないですね。

一番多く使うであろう機能は携帯からDLNA機器へのデータのアップロード、もしくはPCからのダウンロードだと思います。


メディアスリンク

今度は逆にPCからN-04Bのコンテンツをのぞいてみました。
Windows7のWMP12ならDLNA対応なのですぐに使えます。しかし、写真や動画を見ることは可能ですが、視聴ソフトなのでデータをPC内に保存することができません。

N-04Bからのアップロードでもだめでした。

唯一可能だったのがTwonkeyServer有料のDLNAサーバーソフトですが、導入も簡単で、PCをDLNAサーバーにすることができます。
N-04Bから写真や動画をアップロードすると、設定しておいたそれぞれの公開用フォルダへ保存されていました。


いじくっている分にはおもしろいですが、これを日常的に使うか、といえば微妙。いろいろと問題もあり、気軽に使うほど安定していません。
携帯のデータをPC等に保存する目的であれば、
カードリーダー使って転送した方が安定してるし速い。

現状の問題点をまとめてみました。

・一度接続し、通信可能なエリアから出てしまうと、再度エリア内に入ってもつながらない。
・毎回機器検索が必要で非常に煩わしい。
・大量の写真データがあるとプレビュー表示に恐ろしく時間がかかり、たまに止まる。
・N-04Bからアップロード完了しても、アップロード先を見ると保存されてないことがたまにある。

まだまだおまけ的な機能にすぎないって感じです。

11983-1386-184566
PAGE TOP