3月15日発売Windows Vista SP1 DSP版が予約開始

Windows Vista SP1 DSP版がアップデートに先駆けて3月15日に発売されます。ダウンロードセンター及びWindows Updateでの一般配布は3月中旬のこと。現在はパートナー企業に登録した場合のみダウンロードできるようです。

Windows Vista SP1で追加される主な機能
  • Extended FAT(exFAT)のサポート
    USBメモリのフォーマットはFAT32がメインですが、FAT32の場合、1ファイルのサイズが4GBまでという制限があるため、exFATを採用することで16EB(160億GB)まで対応できます。でも互換性がないのでXP等では読み込めなくなってしまいます。
  • BitLockerドライブ暗号化の機能拡張(Ultimate)
    システムドライブ以外のドライブも暗号化できるようになり、セキュリティを向上。
  • デスクトップ検索機能の変更
    デフォルトの検索機能を他社のプログラムに変更可能になります。
  • ネットワーク診断機能
    PING等、診断を行なう項目が増えてより正確な診断が可能になります。
  • 新しいグラフィックカードにおける信頼性と互換性の向上
  • ファイルのコピー、移動時のパフォーマンス向上
  • スリープモードにおける信頼性とパフォーマンス向上
  • DirectX 10.1のサポート
その他、バグ修正やパフォーマンスの改善が多く大きな変化はなさそうです。

Windows Vista サービスパック1 予約受付中!ツクモ缶限定のおまけ付き
PAGE TOP