USB外付けハードディスクを壊しました → 内蔵HDD500GBを増設 | Digitalyze [PC]

USB外付けハードディスクを壊しました → 内蔵HDD500GBを増設

部屋の掃除をしていたら、ラックの上に置いていたUSB外付けハードディスク 320GB(Logitec LHD-ED320U2) のコードを引っ掛けて約1m程落下。床の上に叩きつけられました。落ちた瞬間にこれはヤバイと感じたので、せめて認識してくれればと急いでPCを立ち上げてみました。
スポンサーリンク
ハードディスクはなんとか認識してくれたので内蔵のHDDへデータを退避しましたが、いくつかのファイルは何度やってもエラーが出てコピー不可能でした。

読み取れるデータだけ退避したあと、エラーチェックをしてみるとポツポツと赤い点が。途中でカリッカリッと変な音もします。いつ不能になるかわからないので新しいハードディスクを買うことに決定。

その前に壊れた外付けハードディスクを分解して内部をのぞいてみました。

LHD-ED320U2
LHD-ED320U2
LHD-ED320U2
LHD-ED320U2
中に搭載されていたハードディスクはサムソンのHD321KJ。片側に大き目のヒートシンクがついてます。SATA接続なので別のハードディスクをフォーマットして交換すればそのまま使えます。

代わりに買ったハードディスクはHITACHI P7K500 HDP725050GLA360。500GB、SATA接続のバルクです。ここ最近500GBは値下がりしまくっていて8000円前後で買えちゃいます。
HITACHI Deskstar P7K500 HDP725050GLA360

外付けを交換しようかと思いましたが、P182の中にまだ空きがあるので内蔵することにしました。ケース付属のシリコンのゴムではさんでネジ止めするので振動や音はほとんど気になりません。

元々使っているハードディスクは同じ日立の旧モデルであるT7K500 HDT725050VLA360ですが、GLA360とVLA360では発熱や騒音がかなり抑えられているらしいです。EVERESTで温度を計測してみたところ、VLA360は39℃、GLA360は27℃と10℃以上も差が出ました。この温度差は魅力なので時間があったらこっちをマスターに変更してみたいです。
これで内蔵ハードディスクが1TBを超えました。

HDP725050GLA360
HDP725050GLA360

RELATED ENTRY
Copryright(c) Digitalyze [PC]. All Rights Reserved. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。